• 離婚案件
  • 夫婦関係に亀裂がはいる

法律

弁護士というものは色々な法律知識を持っていますし、依頼者に対してどのようにしたほうがいいのかなど最善の方法を提案したりしてくれます。夫婦のお互いの話だけで離婚などを進められるのならいいですが、DVなどの事情によってそのようにできない場合などもあったりします。そういったときに、弁護士などがついてくれると心強いです。
離婚相談で弁護士に関わる可能性もありますし、他の問題で弁護士と関わる可能性もあります。日常生活では様々な法律が絡んでおり、離婚の問題も例外ではありません。そういったことも、弁護士に相談してみることで解決することも十分にあります。

当人たちだけで解決ができないと思った場合は、弁護士などに相談してみることも考えの一つです。

夫婦関係の溝

離婚相談というのは色々な問題が出てくると先ほどから書いたりしていますが、離婚をした後の名前のことについてのことが弁護士に対しての相談に上がってくることもあります。結婚したあとは夫や妻の氏に変わったりしますが、中には離婚したあともそのままの氏を使いたいという人もいます。そういった人たちがそのままにできるのかなどを相談したりするということもあります。
この場合は届け出をするとそのまま使うことができますが、そういった相談なども多いです。

相談をするといっても一回の相談ですべてが進むわけではない場合もあります。その場合何度も弁護士事務所に行ったりしなければならなかったりしますが、先ほど言ったように特定の問題に対しては相談が無料だったり、何度来てもそのお金が出ないということは変わらなかったりということがあったりします。

弁護士

離婚相談などをしたいと思ったときは弁護士に相談しますが、弁護士にも様々な弁護士がいます。刑事事件に詳しい弁護士、借金などのことに詳しい弁護士、離婚などの民事事件に関することに多く携わってきた弁護士など、どの分野に詳しいというものは弁護士それぞれです。弁護士自体は色々な法律に携わることができますが、依頼した弁護士がどういった問題に対して詳しいのかなどということは様々です。ということは離婚などの問題解決などに詳しい弁護士もいるということなので、相談をするときはそういった分野の依頼を多く受けている弁護士に相談したほうがいいです。

弁護士に離婚相談などをしたいと考えているけど、弁護士の相談料などが高いのではないかと気にして相談ができない人もいます。確かに弁護士は費用などはそれぞれ違いますが、相談料などの費用がかかってしまったりすることがありますが、中には離婚などの相談は無料などで行ったりしている法律事務所などもあります。
こういった特定の問題に対して無料で相談などを行っている事務所などもあるので、調べてみるといいでしょう。

裁判

離婚相談は、ただ相手と別れたいという気持ちだけでしているのではなく、お互いが今よりもいい道を歩むためにしているという人が多くいます。実際、そのようにしたことでお互いがいいように進めたという人もいます。
離婚をするときに、問題となってくることがいくつかあります。先程も書いたように、子供がいる場合は子供の親権のことや、他には離婚の際の財産を分けたりすること、慰謝料が問題となっている場合は慰謝料のことなど関わってくることや決めなければならないことがいくつかあったりする場合があります。
それはお互いで決められそうならお互いで決めたりしますが、なかなかお互いの折り合いがつかないという人たちは弁護士に相談して決めたりする人もいます。弁護士に相談しながら話し合いを進めたとしても決まらない場合は裁判に発展することもあります。

離婚相談が人によってはそういった大きなことにまで発展してしまいます。

キレる妻

前のページで性格の不一致で離婚を決めたりする、という人がいることを書きましたが、離婚の理由は他にもあります。DVが原因で離婚をするという人も多いです。DVとは家庭内暴力のことです。これは家族に暴力を振るったりして相手に怖い思いをさせたりすることです。このDVをする人は起こると暴力を振るったりして暴れるけれど、時間が経つとさっきまでのことが嘘のように優しくなったりすることが特徴として見られたりします。
このような相手のDVに悩まされて離婚を決めるという人も多くいます。こういった行為は男性だけでなく女性がDVを行うケースもあり、様々です。子供が被害にあったりする場合もあります。

こういったことは警察に話したり弁護士に離婚相談したりすることが一番なのですが、相手が怖くてそういうことができないなどという人もいるので、深刻な問題でもあります。

浮気

先ほど離婚をしたいという理由は様々だということを書きましたが、その中でも離婚のケースとして挙げられているのが性格の不一致という理由です。これはお互いの性格が合わないということで離婚をするということです。このように相手との結婚生活を送る上で性格が合わないことでトラブルが起きてしまったりすることもあったりするので、離婚を決める人が多いと言われています。

弁護士に離婚相談をするにも様々な相談があります。離婚をすると言ってもその時に問題として出てくることがいくつかあったりするからです。例えば慰謝料のことや子供がいたら子供の親権などお互いだけでは上手くまとまらないこともあったりするので、弁護士に相談したりすることも多いです。